So-net無料ブログ作成
検索選択

アルバのこと [文鳥ライフ]

昨年はたくさんのメッセージを有難うございました。
遅ればせながら本年もよろしくお願いいたします。

 

まず、年明け始めの記事が訃報なってしまうことをお許し下さい。

実は、私たちの大切な大切なアルバが12月31日早朝に虹の橋を渡って行ってしまいました。

ずっと頭の整理ができずこんなに時間が経ってしまいましたが、
先に進むためにも書き留めたいと思います。

 

 

アルバは12月の頭からはばきの治療の為通院していました。
はばき以外はお腹の中や骨格健康状態はお墨付きをもらい、脚も回復に向かっている矢先でした。 

ちょっとおかしいなと思ったのは12月30日、
ご飯も水もいつもと同じようによく食べよく飲み、羽繕いもするしフンも普通、体重もいつもと同じ、アイリングや嘴の色や鳴き声に変わりはなかったのですが、何をしててもすぐに眠くなってしまうのです。

寝ている姿は特に羽を広げて丸まっている訳でもなく呼吸もいつも通りでした。 

カゴの外には出たがるんだけどすぐに手の中に入ってきて
コテっと眠ってしまうというような感じでした。

 

明日病院やってるかな、行けたら行こうか、と話し、
あったかくして寝ようねと、いつもよりカゴの中も室内の温度も上げ寝かせました。

 

翌31日の4時ころ、なんとなく気になり主人がアルバのカゴを覗くと
いつも止まっているところにアルバの姿はなく、床に座っていました。 

主人の声に私も飛び起きアルバを手に乗せると脚に力が入っていません。

更に部屋を暑くし手を温めヒーターの前に連れていきました。
脚の力は入っていなくても、呼吸は安定し顔色も良く瞳もぱっちりと開け、やがてスヤスヤと寝始めました。

このまま寝そうだね、朝一番に病院に連れて行こう、
なんて話していて1時間位経ったとき、その時は突然来ました。

それまでスヤスヤ寝ていたアルバが口で息をし始めました。
主人も近寄ってきてアルバを包み込んでほんの20秒くらい、 
12月31日4時55分、アルバは私たちの元から旅立っていきました。

 

あまりにあっけなく本当に眠るように逝ってしまったアルバ、
元気になると信じていただけに受け入れるのに時間がかかりました。
原因はまだ良くわかりません。

一緒に暮らしているルッカと比べるとちょっと老け込むのが早いかなーと思ってはいました。
シニアといわれるより一歩手前から脚のはばきが気になり出したり換羽が重かったり。

6歳8ヶ月、正直な気持ちはともっともっと生きてほしかったです。
けれどももしかしたら全力疾走で生き急いだ子なのかな、と思っています。

 

 

アルバの写真たくさんありすぎて選ぶのが大変です。
ひとりの写真よりルッカと写っている写真のほうが多いです。

IMG_0818.jpg

白バックでツーショットが撮りたくてたくさん撮ったうちの1枚

 

IMG_0669.jpg 
アルちゃんいい子いい子可愛い子頑張ったね

 

我が家では「いるだけで可愛い」と言われていたアルバ
ひとりで放鳥のときは本当に甘えっ子で握られて抱っこが大好きでした。
私たち人間にはいつでもフレンドリーで換羽のときでさえニギニギナデナデさせてくれました。 

まだなかなか思い出を語るまでにはいきませんが、
いつかこんな愛おしい子だったと写真てんこ盛りでお伝えしたいです。

 

 

IMG_0929.jpg 

ルッカは元気にしています。今までにないくらいものすごい甘えん坊になっています。
ルッカには寂しい思いをさせないようにしていかなければと改めて気持ちを整理しています。

次はルッカの今をお伝えしたいと思います。

 

 

 

IMG_0790.jpg 
アルちゃんうちの子になってくれてありがとうね
アルちゃんのおかげでたくさん笑ったしたくさん癒やされた〜

 

おやすみアルバ

 

 


nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

病院に行ってきました [病院]

前回の病院から2週間ぶりにリトル・バードさんに経過を診せに行ってきました。

 

IMG_0702.jpg
バルコニーから得意げに見渡しているアルバ 

 

先生はアルバをみるなり、「脚しっとりしてますね、柔らかくなってますよ〜」
そして、脚の感覚を試して「力入ってきてますね〜」ですって!

やった〜!毎日お薬ヌリヌリした介があったようです。 

 

そしてピンセットではばきをペリペリと剥がしてくれました。

 

IMG_0732.jpg

 容器の中の米粒のようなのがはばきです。こんなのを脚にまとっていたわけですね。
思わずもらってきてしまいました。

 

まだ全部剥がれたわけではないので、引き続きローションを塗って剥がしてもらいに通院します。 

 

IMG_0740.jpg

施術後の脚

まだはばきが残っていますが、艶っとした肌もお目見えです。

 

IMG_0741.jpg

外側の指はまだ伸びたままですね。
中指はよく動かすようになってきています。

 

IMG_0743.jpg

餌入れにもグラグラせずとまれます。
指にとまらせると確実に力が入ってきていることがわかるんですよ!

 

また今週末病院です。
アルちゃん綺麗にしてもらおうね〜もうちょっと我慢ね〜

 

 


nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

アルバのケージ遍歴 [文鳥ライフ]

美脚プログラム中のアルバですが、この数週間で環境がコロコロと変わりました。

 そのケージ遍歴をご紹介〜

 

 

IMG_0445.jpg

全体を撮った写真がこれくらいなのですけど、
病院に行く前はビジョンS01という、大きめのケージでした。
入り口が広くてよいのですが、止まり木を一番低くつけても底までの高さがあります。

 

IMG_0555.jpg

始めの病院で絶対安静と言われほんの数日ですがキャリーケースでの生活が始まり・・・

 

IMG_0559.jpg

キャリーケースでは掃除がしにくいのとあまりにも狭いので、
療養用にと30cm角のHOEIハートフルハウスSを購入ししばらくこのケージの生活が続きました。

次の病院に行くまでこのケージで絶対安静としてきましたが
その間アルバの出せ出せ攻撃が激化!

はばきと診断されたとき、ケージのことを相談したところ
脚がまだ不自由なので段差はないほうが良いでしょう、広さはあっても良いですよ、と言われました。 

 


今のアルバに丁度良く、それから今後のバリアフリー化などあれこれ考え、新ケージが決まりました! 

 

IMG_0679.jpg 

HOEI手のり21に決定〜

もう一つ上のサイズも考えましたが、アルバにはこの位が丁度いいのかな〜と。
(運動量の多いルッカには無理だな〜)

 

IMG_0689.jpg

入り口が大きく開いてバルコニーになります。
どうやらこのバルコニー気に入ってくれた模様。 

 

IMG_0694.jpg

幅と高さはそんなにありませんが奥行きがあります。

引越しして数日、まだ自分のお部屋と認識してくれたかは怪しいところですが
1番暖かい場所や本気寝する場所は覚えたみたいです。 

このシリーズ掃除が楽で私も気に入りました。

アルバ、このケージと長〜く付き合っていこうね〜 

 

 

 


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

セカンドオピニオンの大切さ [病院]

やっと我が家に日常が戻ってきたのでブログにアップできます。

アルバははばき※の治療を始めることになりました。
皮膚がうろこ状に角質化することです

この結論に至るまでのことを少し長いですが書こうと思います。 

 

ことの発端は11月26日になります。
いつも通り元気に遊び回っていたアルバですが
右足の前の指3本が動いていないことに気づいたのです。 

翌々日の日曜日にいつも行ってるお医者さんに連れて行くことにしました。
 

そこで言われた診断が「お腹に腫瘍があり脚の神経を圧迫している可能性がある」でした。
その可能性が高いと言われたのでした。それ以外の可能性は「う〜ん」でした。

主人が「はばきも気になるのですが」というと、先生は「関係ない」とのこと。 

とりあえずできることはビタミンを与えることだけど、この子は薬飲ませるのにストレスを与えそうだからと、特に何も処方されず、1週間後具合が悪くなるようならレントゲン、それまで経過観察。
運動は控え、なるべく小さなカゴで絶対安静とのことでした。 

 

IMG_0559.jpg
今までのカゴからお引っ越し

 

大きめのカゴから半分以下の小さいかごに移し、放鳥はせず見守ることに。

これから弱っていくところを見ているだけなのか、と毎日涙し絶望的でしたが
当のアルバは顔色も良く体力を持てあましむしろパワーアップしているように見えました。

指以外は全く元気なアルバに腫瘍があるとは信じ固く、
色々調べてみたところ、様々な原因が考えられることを知り
腫瘍と決めつけて何もしないなんておかしくない?と疑問を持ちました。

 

IMG_0576.jpg
ルッカも初めて見るカゴに興味津々 

 

小鳥専門の病院セカンドオピニオンに連れて行こう。

 

そう決め病院探しが始まりました。
運良く我が家から行ける範囲で評判のとても良い病院を見つけることができ、
12月3日に連れていきました。

豪徳寺のリトル・バードさんです。 

 

すぐにレントゲンを撮ってもらえ、写真を見ながら説明してくださいました。
「元気だし、内臓も綺麗だし、骨に異常もありません、一番考えられるのは『はばき』ですね」

ええーー!なんと前の病院では関係ないと言われたはばきだったのです!

 

IMG_0642.jpg
やんなっちゃう 

 

脱力しつつ、 先生に経緯を話すと
「腫瘍は〜そういう場合もあるけれどこの症状から言って考えにくいですね」と。

 

 

IMG_0630.jpg 
影の功労者。ひとりでたくさんお留守番しました

 

IMG_0655.jpg
頑張ったアルちゃん、疲れて爆睡

 

ただこのはばき、先生も剥がそうと試したそうですがかなり頑固で
薬で柔らかくしてから剥がすことになりました。

 

IMG_0656.jpg
処方されたローションのお薬、これを毎日脚に塗りはばきを柔らかくします。

 

「柔らかくなったところでもう一度チャレンジさせて下さい、もしローションでダメだったら半日お預かりしてお湯でふやかして剥がしましょう」
という治療方針になりました。

 

考えられる理由の中では軽い症状だったアルバ、もちろんはばきも放っておいたら危ない状態になります。

でもこれからは正しい治療が受けられる、ということに心から感謝したのでした。

前の病院で言われたままにしていたらと考えるとゾッとします。
はばきも気付かれず悪化していたでしょう。
セカンドオピニオンの大切さを痛感しました。

もっと早くにこの病院を調べていればよかった、もっと早くにはばきを相談していればよかったと。
アルバには可哀想なことをしてしまいました。
今後はルッカもリトル・バードさんをメインにしようと思います。

先生によっては色々な見方があるので絶望せずに別でも診てもらうのも必要なことなんですね、正しい病状の把握と処置が小さい子たちには大事です。 

 

IMG_0657.jpg

現在は治療で少しだけはばきを剥がしてもらったおかげか中指をほんのちょっとだけ動かすようになりました。

この脚がどこまで綺麗に戻るか、【アルちゃん美脚プログラム】が始まりました〜

アルバがんばろうね! 

 

 


nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

最近のブーム [文鳥ライフ]

最近2羽で放鳥すると、冷蔵庫の上の棚にいることが多いです。

 

IMG_0504.jpg 

赤い鏡は棚の下立ち入り禁止のバリケード兼、
ルッカが自分の姿を見てウットリするため。

 

ふたり棚の上で静かにしてるな〜と思っていると、
ワサワサ〜ワサワサ〜と聞き慣れない音が。

 

IMG_0509.jpg

ルッカが配線隠しのために垂らしておいた、フェイクのツタで遊んでいました。

 

IMG_0513.jpg

揺すったり上に持ち上げたり

なにがそんなにルッカのハートを掴んだのかはわかりませんが
ここ最近は毎日夢中でワサワサやってます。

ちなみにアルバは見てるだけ。

 

画質があんまりですが動画です *最後の方音注意です 

 

 

アルバはあくびしてますね、
相変わらず温度差のある2羽でした。

 

 

 


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット